ニックネームpurezennto
性別 男性
現在の読者数 : 0 人
 
この記事を編集したい場合は こちら より行えます。
コメントやトラックバックの標準の公開・表示の設定を変更したい場合は こちら より行えます。
2020年06月12日(金) 11時22分

歳月を袈裟にかければ,いつかは渡りやすい

冬になると、庭の前に秋の花の枝を見て、叶を落ちて、風景に触れて、生命の蘭舟、思いもかけず渡袋に出くわして、静かな梦をやさしく考えて、涙に浸してどれだけ変えましたか? にっこり感嘆して、時は雨を煮て、両袖は風雲、昨日の黄色い花のようではなくて、出会った美しさで、凡庸な生命の色を少し増長します。 歳月は袈裟を着て,あなたに花の前の月の下を許し,酒の言葉を桑麻にして,結局は愛渡化するであろう。。

浮世の道、ずっと探して、1双の握りしめることができる手、1つの頼ることができる腕、1粒の知っている心、温和な花で路上の景色を明るくすることができます。 ただ十里の桃の花が,どれだけの年を過ごして嫁に行くのだろうか。 この一生、多くの人に出会い、縁は朝生暮死露のようにもろく、多くの時、ただ一念の差で、遺憾で「人は初見の如し」のむせび泣きを書いている。

歳月の袈裟をめくって、あなたは青泥の素衣を襲い、白雲の頭に尋ねて、一人で万里を旅する。 頭上にはすでに灰の跡が残っており、記憶はいくつかのぼやけた斑点に埋もれている。 雁の字が帰ってきた時、私はじっと見回していた。虫垂の灯火に虫垂の風景が、ちょうどいい時に、ちょうどいいように咲いていた。 風清らかな日を選んで、自分と向かい合って座って、細くて、まるで山の泉のように流れてきて、更に心に刻んでこのように泣いてしまう。

「昔私は行って、楊柳は寄り添って、今私は思って、雨雪しとしとと」、あなたと私はいつも凡俗の世の喧騒の中で転々として、すべての人の中で様々な役を演じて、雲海の中に1位の仙子があって、暖かい手を引いて、1世の幸福を渡ることができることを望みます。 時間、角を平らにして、研磨簿、時間の砂時計はいつも紛失して、縁を直して、縁を結んで、すべてを繰り返します。鏡の中の花はついに水の月をすくい上げることができなくて、人は現世に直面することを恐れて、わずかな余熱を冷や汗の人に吸い取られることを恐れます。 そこで、どろどろと歩いて、どろどろと歩いて、思い切って紅を抱きしめたふりをして、歳月を体に无情に叩いた。

一蓑の雨は平生を潤して、良い爱情に出会って、快楽と苦痛を深く感じていると言っています。 なぜなら「愛」は動詞であり、行動によって証明することであり、彼の長所を愛し、短所を包み込むことだからです。 出会っただけで惊いたお互いに、最もあの頭を下げたやさしさ、深い爱情を振りまいている深い爱情を見て、花が咲いているのを見て、潮の満ちているのを聞いて、爱があって、もう一人の浮世の清歓ではありません。

古人の愛がうらやましい。「山には稜がなく、川の水が尽きる。冬雷が降ったり、夏雨が降ったり、雪が降ったり、天地が合えば、君と絶える」。 天と地を揺さぶるほどの断絶である。 玄宗は楊貴妃の死ぬまで変わらない寵愛に対して、悲しい結末とはいえ、あの時代には、「鴛鴦瓦の寒霜華重、翡翠布団の寒誰と共?悠悠生死別別経年、魂は梦に来なかった」と書いた。 という言葉は、後宮の三千の粉黛の帝王にとって、一人を特別に寵愛することができて、心をとらえることは絶対で、一枚の扇のすずめに人の心を壊すことになる。

時に頼って千年後、私は遠くにたたずんで眺め、「人間には情痴あり。風雨月を恨まず」と知った。

本当の気持ち、それは一滴の甘露で、乾いた土にキスして、毅然とした方の沃土を支えました。 これは暖かい恵みの雨であり、雪の中で炭を送る心の慰めであり、口の中に含まれた1粒の砂糖であり、長い間黄連の苦しみを飲んでいた人に甘い味を味わせた。 山水の中で塵の縁に出会い,驚きの音がして,行間に桃の花が咲き,一字一句情にあふれ,筆の下に香りが漂っている。。 目を合わせてみると、心はもう一隅の江南のように、一文字に染みる。

風月を見慣れて、心の中にただ1輪の満開の蓮の花を残して、二人の出会いは、暖かいのが咲いているためです。 歳月の柄の上に座って、あの刹那、もう一人の自分を見て、軽く1杯の水のような月の色を取って、あなたと一緒に味を浴びて、互いに酔った。

歳月は清らかな風の中で浅緑の枝を覆い、彼は慎重な盤撥の手の中の木珠、袈裟をかけて、まるで一人の行者のようで、重い荷物がなくて、あとがきの山の渋い水、風飲食野宿して、鳥のさえずりと花の香りを聞き、一筋の日光を携えて歩いて、人の世に多くの大爱を贈った。 たとえ生活が波の中でうねり、月日に喜憂相半ばして心が澄んだとしても、一樹一樹の花が咲き、心の中に菩提を植え、その方の青石のところにも菩提の香りが漂っている。

浮世のほこりがたなびくのは,本当に花火が冷えることを嘆かない。。 緑の一筋は、淡々として、振り返ってみると、壁を流れる光の影は、いつも音もなく、静かに定まっていた。 人の世は无常で、私は気持ちを文字の中に隠すことが好きで、浅い思いをしっかりと安置して、文字の中で繭を破って蝶になる。 やっと分かった、君の涙を知っている人は君の笑顔を知っている人よりずっと大切にするべきだ。

手のひらを広げて、手のひらの中の乱れた模様を見て、どれが本当の宿命なのかわからない。 私は生命の容器の中で続けて、満開で、収斂して、沈殿して、行き交う人の群れの中で、逆光の時の姿を観察します。 ひとつひとつの歳月の袈裟はひとつひとつの美しい刺繍を織り上げて、心の中に愛があるから、四季の中で浅く歌って、いわゆる荒涼を考えないで、ただ簿情の世界で深い愛の生きて、細心に1部の本心の愛を保護したいと思っています。

歳月に袈裟をかけて、素朴にうっとりさせるキンモクセイの香りを贈った。一寸の間に、その花は眉まげに香ばしく、たとえそんなに色気がなくても、美しい花を咲かせていた。 はい、愛を知っている人は、愛が妥協であり、譲歩であり、妥協であることを知っています。これは時勢を判断する知恵です。 歳月の恵みに感謝して、私に1部の平板な人間の花火をあげて、私に現実の安穏をあげて、ずっと幸福の味を味わっています。

一人で時間の回廊を歩いて、心は煩悩の束縛から离れて、庭を見て一面のひっそりとして、云巻云はさわやかで、生活もきれいな玉の顔で、音の色を動かさないのが美しいです。 一つの風景を読めば、慈悲の中で修行することができる。心を知り、心を大切にすれば、せせらぎは水のように、細く流れることができる。

晴れ渡った世界、歳月に袈裟をかけ、多くの物語を語っている。うららかであり、悲しさもある。 スタート地点からゴール地点まで、波の中、心の風景、山の水の中、生命を咲かせる朝暮れ。 すべては爱があって、人間らしさの美しさの中に光り輝いて、歳月の流れに任せて、歳月は袈裟を襲い、互いに爱し合う人は互いに熱い誓いを手に握って、互いに守って微笑の深いところで、ついに浮塵の雨を爱で渡化します。
この記事へのトラックバックURL
https://purezennto.prtls.jp/tb/d_2a3c16b7e46cf
この記事へのコメントの登録は 『 標準の設定を適用(全て受け付ける) 』 に 設定 されています。
登録されたコメントの公開は 『 標準の設定を適用(全て公開) 』 に 設定 されています。
標準の公開設定は こちら より変更することができます。
名 前 *
【 全角100文字以内 】
URL
【 全角500文字以内 】
お知らせしたいURLがある場合は入力してください。
コメント *
【 全角1000文字以内 】
いいね!を付ける場合は こちら をクリックしてください。
画像認証 *
認証の為、上に表示されている英数字を入力してください。
 
2020 年 11 月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930